So-net無料ブログ作成
検索選択

静寂のエチュード [生地-音楽]

090310.jpg

左手の爪が微妙に伸びかけている。そういえばもう4日も楽器を触っていない。
ゴメンナサイ! ・・・ 心の中でMs.Greenに詫びる。

不肖の教え子の私でも、Ms.Greenは見放したりはしない。
けれど私の手が彼女の前で無様に止まる度に、そのキュートな表情が急に悲しそうに翳るのが心苦しい。

どうしても貴女の教えを受けたくて、まるで恋の告白のようにドキドキしながら指導を請うたあの日のときめきを、忘れたわけではないけれど…
ただ貴女に誉められたくて誉められたくて、懸命に練習に励んだ頃の情熱を、失くしたわけではないけれど…

雑多な日常が私の時間を貪るように奪ってゆく。。
どこか深い奥底に一旦我が身を沈めてじっと時を過ごさなければ生み出せない類の仕事が、私の心身を執拗に拘束する。
ひと日のすべてを片付けてこうして一段落した頃には、決してボウイングなどできない住宅環境も恨めしい。
でも…
そんなことはどれも言い訳に過ぎないと彼女は微笑むだろう。私の「本気」がどんな形でどんな強さをしているか、しっかり見定めるように小首をかしげながら。

"音が出せない時間でもね、ちゃんとこうして左手だけで練習するのよ"
レッスンの帰りがけにはいつも念を押すように、Ms.Greenは飴色の美しいニスを纏った愛器を構え左指を軽やかに操ってみせる。弦は鳴らない。でも指先が弦を離れるほんの一瞬だけ微かな響きが空気を震わす。
そんな幾つもの静謐な夜をも越えて育まれてきた貴女の豊かな音色のように、いつか私のヴァイオリンも謳ってくれるだろうか。
今夜は貴女の言いつけを守って、音のない旋律を奏でてみよう。

..................................................................................................

本日ご紹介の生地は、USA、Timeless Treasures Fabrics社のMUSICシリーズから、様々な楽器が描かれた生地です。ヴァイオリンやチェロ、ピアノにハープ、楽器の図柄を眺めているには楽しいのですが、やはり少し大柄すぎて何に仕立てたら良いのかわからず待機中の生地。同じタッチの楽器をパネル状に並べた柄もあり、いずれも音楽生地好きの皆さまには好評のようです。

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。