So-net無料ブログ作成

鏡の中の儀式 [生地-クリスマス]

1007299.jpg

今朝は和服を着た。
私は夏こそ和装が好き。今は快適に着付けられる小物も充実しているので、からだ全体を覆うわりには風の通り道がある着物は、素材さえ選べば意外にも涼しいコスチュームだ。

季節やTPOに合わせて厳密な「お約束」があることも、捉えようによっては窮屈というより楽しみでもある。着物に合わせた下ごしらえ。半襟や足袋、帯まわりの小物を選び、姿見の前に立って季節を感じながらひとつひとつ身につけてゆくお支度の過程は、「ああ、私ってちゃんと丁寧に暮らしているんだわ…」という心地よい自己満足をももたらしてくれる。儀式というほど大げさではないけれど、程よく身の引き締まる時間。
濃紺の麻縮に合わせたベージュの紗献上帯は、低めの帯枕でお太鼓の山を作る。この時ばかりは姿見を覗き込むのは御法度。自分の手の感覚だけを信じたほうが上手くいく。作ったばかりのガラスの蓮の帯留めを通した冠紐は、きゅっと音がするまできつく結ぶ。
地球温暖化がもたらした四季の乱れに対応すべく「お約束」に多少の融通は利かせても、やっぱり盛夏だけに許される素材や小道具はこの時期にこそ堂々と身につけねば。

しかし残念なことに、半年前に受けた脚の手術のせいで、今はまだ正座をすることができない。障子を開け放った和室に背筋をぴんと伸ばして座し、庭を眺めながらひとり悦にいる至福の時間を少しでも早く取り戻せるように、そろそろ着物を着替えて、さて、今日も夕方のリハビリに励むことにしようか...

..................................................................................................

本日ご紹介の生地は、USA、moda社の"A Bery Merry Chriatmas"。クリスマスファブリックには珍しい重厚な色遣いの生地です。描かれているのは精緻な図柄を施されたボールオーナメントの数々。しっかりとした厚みとしなやかな張り感があり、大柄でもあるため、ハサミを入れるのがちょっと躊躇われて箱の中で眠ること3年。今年は思い切って帯に仕立ててみようかと思っています。用尺が足りないのでお太鼓のつけ帯になりますが、この独特な雰囲気はクリスマス時期の和装を引き立ててくれそうです。
深みのある色合いとコットンプリントとは思えないような上質な素材感、画面からではお伝えできないのが残念です。

nice!(2)  コメント(2) 

nice! 2

コメント 2

PANDA

Fumikoさま

ご紹介してくださった生地はこちらで拝見させていただいても
立体感が感じられてとっても素敵ですね(^_^)

Fumikoさまはご自身で着物の着つけがお出来になるのですね。
なんだかうらやましいです。着物を着る機会は滅多にありませんが
もし、自身に着つけの技術があれば、わたしもきっと
Fumikoさまのように着物を楽しむだろうな、と、思います。

最近は着物を洋服にリフォームされる方が増えていますが
それもなんだか勿体ないような気が・・・することもあります。
わが家でも昨年亡くなった祖母の遺品の着物などを母は
洋服に仕立てたいようなことを言っておりましたが
ほんとうにそれでいいのかなぁ・・・と、漠然とではありますが
感じています。たぶん、昔の物の方が素材も織柄(?)も
良いのではないかと思うのですが・・・目利きの能力も無いため
頼りない感覚だけでそんなことを感じています(^^;)

今年は暑い日が続きますね。そんなさなかのリハビリは
たいへんなことも多いかとお察しいたします。
御身体だけはくれぐれもご自愛くださいね。
一日もはやく和服で凛とされているFumikoさまにまで
御快復されますことを心からお祈りしております(*^_^*)


by PANDA (2010-07-31 02:22) 

Fumiko

PANDAさま

いつもご来訪ありがとうございます。
あたたかなお人柄が忍ばれる嬉しいコメントをいただきながら、一ヶ月も音沙汰なしでごめんなさい!

着物として着られなくなったものを洋服に生まれ変わらせて大切に着ていらっしゃる方も素敵だと思いますが、
基本的に着物→洋服へのリフォームが好きではない私にとって、PANDAさんのご意見は思わず膝を叩いてしまいました。
そう、そうなんです!
私にとってはあくまでも着物は着物であるから着物なのです。
洋服生地で帯を作ることはあっても、着物は着物として大切にしたいなぁと思うのです。
で、洋服は思い切り洋服らしく… そんな装いが私は好きです(^^)


































しいコメントをいただきながら、一ヶ月も音沙汰なしでごめんなさい!





















着物→洋服へのリフォームが好きではない私にとって、PANDAさんのご意見は思わず膝を叩いてしまいました。
そう、そうなんです!
あくまでも着物は着物であるから着物なのです。
洋服生地で帯を作ることはあっても、和服は和服として大切にしたいなぁとおもうのです。
で、洋服は思い切り洋服らしく… そんな装いが私は好きです(^^)

by Fumiko (2010-08-31 21:56) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。